カナダ語学学校・専門学校

正しい学校の選び方 / 英語力は本当に伸びるのか? / 語学留学の実態 / 語学学校のカラを破る / 誰にも避けられない「惰性」

誰にも避けられない「惰性」

byマイルストーンカナダ留学センター

飽きた語学学校に通う前に是非理解しておいて欲しい事、それは毎日毎日英語ばかり学ぶ事からくる惰性、飽き、そしてモチベーションの低下である。また伸び悩みも重なってやる気が落ちれば、学んでいることも身につきにくくなる。

想像してみて下さい。語学学校で学ぶのは「学問」ではありません。使う事を前提とした「コミュニケーション・ツール」の習得であって、勉強するほど探究心が膨らんだり知識欲が満たされる・・というモチベーション増加のサイクルが無い。しかも目的が試験にパスする、学位・学士をとる・・と言った明確なゴールが無く、だから「勉強しないと落ちる」という強迫観念も出て来ない。

つまりゴールラインが無く、ノルマも無いのが語学留学なのです。要は留学が終わった後、成果を自分で評価するしか無い。TOEICのスコアがどれだけ上がったか・・なんてのは気休めでしかない。就職を考えTOEICスコアアップを狙う事はあっても、留学の目的にするのは的外れですよね?

英語は使う為に学ぶのだ。使ってこそ学んだ価値が出るし、それが語学留学の手法であるべきなのです。

学校で英語を学んだ時点では、単に知識として頭にストックされるだけ。極端に言うと語学学校での勉強はひたすら覚える作業に近い。だから語学学校に通う事自体を留学の目的にしてしまうと、結局単純作業の繰り返しで飽きてしまい、留学前にあったメラメラと燃えるような「やる気」がかすれてしまいやすい。

change語学学校もこの点を十分理解しているから、少しでも授業が楽しくなるように工夫したり、またアクティビティ等をたくさん企画して学校に通い続ける事の楽しさを作り出そうとしてくれている。
また学生も学校を変えたり、一般英語からビジネス等の専門クラスにレベルアップしたり、又は専門学校に変えたりして少しでも惰性を克服しようと頑張っている。こうやって環境を変えて気分をリフレッシュするのは、とても効果がある。

環境のリフレッシュは意味があるとしても、やはり「学校で学ぶ」⇒「外で使う」というサイクルを自分の手でどうにか作る事が重要です。ストックされていた知識がネイティブスピーカーとの会話で自然と出てきた時、この瞬間に感じる「英語が頭に染み込んでくる」ような感覚を覚えれば学校以外で英語を喋る事が楽しくなり、英語がどんどん自分の中に染み込んでくる好循環にはまるでしょう。この境地に達する事で、語学学校は初めて強い効果を発してくると思う。
とにかく少しでも多くのネイティブと話す機会(例えそれぞれが短い時間だとしても)を探し、学校以外の色んなチャンスに挑んで欲しい。自分次第で幾らでも自分スタイルの語学留学が出来るはずです。

文責:マイルストーンカナダ代表 芦田