トロント中心地にある有名カレッジ

主な特徴

  • COOPプログラムに代表される徹底した実践重視のプログラム
  • 充実のキャンパスライフ、好立地、設備、各種サポートも充実
  • 卒業後も心強い就職支援
George Brown Collegeのメイン画像

学校の様子

学校名 George Brown College
創立 1967年
学校種別 オンタリオ州立公立カレッジ
学部 Business / Hospitality / Health Sciences / Community Services & Early Childhood / Construction & Engineering Technologies / Art, Design & Information / ESL
キャンパス数 3キャンパス
学生数 約26,000名
留学生 約3,500名
ウェブサイト https://www.georgebrown.ca/

特徴

ジョージブラウンカレッジGeorge Brown College(ジョージブラウンカレッジ)は、1967年に創立され、25,000人もの学生を抱えるオンタリオでは有名なカレッジだ。中でも留学生の数は3,500人を超える。 特徴的なのは、主要キャンパスが全てダウンタウンのロケーションにある事で、車などを持たない留学生でも便利に通学が可能。 カレッジの中核をなすのはビジネス、デザイン、コミュニティサービスなどに関わる35種のディプロマプログラム。 日本でいう大学卒業相当に値するディグリープログラムも6種存在する。

看護プログラムなど、留学生が選択出来ない一部の学科を除き、ほとんどの学科は留学生を受け入れており、サポートシステムも万全である。 日本人留学生に人気が高いのは、George Brown Collegeの看板コースでもあるシェフスクール(調理師コース)、及びアカウンタント(経理)、オフィスアドミニストレーション(事務)などのビジネス分野のコースだ。

George Brown Collegeは学生たちの就職支援にとても熱心に取り組んでおり、各学科のカリキュラムも就学中に専門性を身につけることを念頭においてつくられている。2013/2014年のプログラムでは80%のプログラムに現場実習が組み込まれており、2020年には100%にすることを目指している。 また、学生の就労経験の場所ともなるレストランや保育所がキャンパス内で運営されていたり、建築技術などを学ぶ生徒のため、実際の職場環境をモデルにしたセンターを設営するなど、卒業したときから即戦力になるような人材の育成につとめている。

キャンパス

ジョージブラウンカレッジジョージブラウンカレッジには全部で5つのキャンパスがある。 メインキャンパスはインターナショナルセンターもあるセントジェームズキャンパス、この他にカサロマキャンパス、ウォーターフロントキャンパスを含むダウンタウン内にある3拠点が主要キャンパスとなる。いずれも設備が充実しており、スポーツジム、カフェテリア、ブックストアなどもあるゆったりしたスペースで、絵にかいたようなキャンパスライフを味わえる環境だ。

留学情報

ESLプログラム

ジョージブラウンカレッジ留学生を積極的に受け入れ、世界各国から多くの学生が集まるGeorge Brown Collegeでは、カレッジの本コース入学基準の英語力に満たない学生に向けてのESLコースが提供されている。カレッジの同じキャンパス内で、充実した施設を利用し、仲間を増やしながらの英語学習はモチベーションを保つにも最高の環境といえる。

  • EAP (English for Academic Purposes) プログラム
    9レベルに分けられている、1つのレベルにつき8週間ごと。レベル8を修了することで、George Brown Collegeのほとんどの専門コース受講可能なレベルに達し、同時にOntario CollegeのESLサティフィケートを取得することもできる。
  • ESL for Business プログラム
    George Brown Collegeのビジネス系専門プログラムを受講予定の生徒に向けたESLコース。
    レベル6を修了することで、本科ビジネスコースが受講可能となる。

入学に必要となる英語力

DIPLOMA/CERTIFICATE POSTGRADUATE DEGREE PROGRAM
IELTS 6.0(各要素最低5.5以上) 6.5(各要素最低6.0以上) 6.5(各要素最低6.0以上)
TOEFL コンピューターベース:80
(各要素最低20以上)
ペーパーベース:550
コンピューターベース:84
(各要素最低21以上)
ペーパーベース:570
コンピューターベース:84
(各要素最低21以上)
ペーパーベース:570
カレッジ付属ESL レベル8 COOP無し:レベル8
COOP有り:レベル9
レベル9
入学試験 可能 可能 不可

* プログラムによっては数学などのテストを受ける必要があります。
* プログラムによっては面接、ポートフォリオの提出が必要になります。

上記以外の方法にも提携語学学校のプログラムを利用して英語の試験を免除する方法があります。詳しくはお問い合わせください

卒業後/就職サポート

ジョージブラウンカレッジポストグラデュエート就労ビザプログラム
卒業後、留学生はプログラムの長さに応じて就労許可証を最長3年間取得する事が出来る。卒業生にはカナダの職歴を活かし、移民につなげる人も多い。(カナダ政府のビザ情報については、頻繁に更新があるため、常に最新の情報を確認させていただきます。)

また就職については、キャリアサービス部がワークショップなどを通し就職のサポートを行う。またユニークなサービスとしてはジョージブラウンの卒業生向けの独自の就職サイトがあり卒業生の仕事探しに一役買っている。

プログラム

プログラムの種類

  • DIPLOMA/CERTIFICATE ディプロマ/サーティフィケートプログラム
    2~3年間のプログラムになり、ほとんどのプログラムは9月または1月に始まる。 カレッジの中では一番プログラムが多いのがこの種類となる。 開始する月によっては長い夏休みを取る事も出来るので、アルバイトに精を出す生徒も見られる。
  • POSTGRADUATE ポストグラジュエートプログラム
    大学かカレッジを卒業した人が対象のプログラム。8ヶ月から12ヶ月のプログラムで、特定の専門的な分野で高度なスキルを身につける事が可能だ。 ジョージブラウンカレッジではビジネス、または料理のコースなどでも提供されている。COOPという実際の職場で4ヶ月実習(有給、無給)を行うセメスターが含まれているコースは卒業後の就職に有利な事もあり、特に人気である。
  • DEGREE PROGRAM ディグリープログラム
    4年間のプログラム。金融サービス、ホスピタリティ運用管理、建設科学&管理、幼児教育の分野で提供されている。なかにはトロントの大学ライアーソン大学と共同で提供しているプログラムも。 机の上で学んだ理論を実際のフィールドワークで活かす機会も多く盛り込まれており即戦力となる力をつける事が出来る。
  • University Transfer 大学編入プログラム
    大学進学を目指す人はカレッジで取得した単位を活かしカナダやアメリカなどカナダ以外の大学の単位に転換するという選択もある。カレッジで2年のプログラムを終えたあとに転学するという方法は英語力のハンディキャップがある留学にとっても大学中退のリスクを減らす人気の方法となっている。

留学生に人気のプログラム

Business/ビジネス

George Brown Collegeには卒業後の進路を見据え、市場で最も必要とされるスキルについて学ぶ28のビジネスプログラムがある。中でも手に職をつけたい留学生に人気のコースはアカウンティング(会計、経理)のコースと、国際貿易専門資格FITTが取得できるコースだ。

  • Business – Accounting Program (B103)
    2年間(約16ヶ月/4セメスター)で金融、会計の基礎から管理会計、税、商法についても学ぶことが出来るコース。もし2年目が終わった時点で物足りない場合は、Business Administration – Accounting B107/B157 three-year advanced diplomaの3年目に編入も可能だ。
  • Business Administration – International Business Program (B131)
    3年間のアドバンスディプロマが取れるコース。こちらのコースはFITT (Forum for International Trade Training)と提携しており、コース内容がFITTのトレーニングプログラムも兼ねている。FITTとは国際貿易の専門家を認定する資格CITPを認定している団体で、FITTのディプロマを取得する事は国際貿易について知識があることを裏付ける強力な証明となる。同じプログラムにWork Experienceが付いた(B161)もお勧め。

Chef School/シェフスクール

シェフスクールは毎年そうそうに受付を締め切る人気のプログラムが並ぶ、George Brown Collegeの看板コースである。

  • Baking and Pastry Arts Management Program (H113)
    早めに申し込まないと入学出来ない人気プログラム。パティスリーの実践的なトレーニングに加え、経営を成功させるためのマネジメントについての知識も学べる。 また、ベイキングにとどまらず、チョコレート、砂糖菓子、アイスクリームなどについても幅広く学習する。

George Brown College 主な学科

  • BUILDING TECHNOLOGIES 建築技術
  • FASHION AND JEWELLERY ファッション&ジュエリー
  • HOSPITALITY & TOURISM MANAGEMENTホスピタリティ&ツーリズムマネジメント
  • BUSINESS AND FINANCE ビジネス&金融
  • INFORMATION TECHNOLOGY 情報技術
  • COMMUNITY SERVICES コミュニティサービス
  • GENERAL ARTS & SCIENCE 一般教養
  • MECHANICAL ENGINEERING 機械工学
  • CULINARY ARTS 料理
  • GRAPHIC DESIGNグラフィックデザイン
  • PERFORMING ARTS 舞台芸術
  • EARLY CHILDHOOD DEVELOPMENT 幼児教育
  • HEALTH SCIENCES 健康科学

George Brown College学校データ

基本情報

学校名George Brown College
住所メインキャンパス
200 King Street East (Main Floor), Toronto, Ontario, Canada M5A 3W8
電話番号FAX 1-416-415-2120

George Brown Collegeでの留学生活写真集

George Brown Collegeの画像1 George Brown Collegeの画像2 George Brown Collegeの画像3
George Brown Collegeの画像4 George Brown Collegeの画像5 George Brown Collegeの画像6
George Brown Collegeの画像7 George Brown Collegeの画像8 George Brown Collegeの画像9

George Brown College
日本語お問い合わせフォーム

George Brown Collegeにご興味のある方や、お見積もり希望の方は気軽にお尋ね下さい。 日本人担当者より追ってお返事させていただきます。なお既にお申し込み済みの方は、ご利用されたエージェント様へお問合せ下さるよう宜しくお願い致します。

お名前 必須
メールアドレス 必須
LINE ID
電話番号
希望の渡航先 バンクーバートロントその他未定・わからない
入学時期 年 
通学期間 1か月未満1か月2~3か月4か月以上未定
ビザの種類 学生ワーホリ観光未定・わからない
お住まいの都道府県
メールする際何をお使いですか? スマホPC・タブレットメールは普段使わない
当サイトを知ったきっかけ WEB検索YouTubeInstagramTwitter紹介その他
「紹介」「その他」は宜しければ詳しくお聞かせ下さい。
ご計画内容・ご相談など