カナダで評判の語学学校・専門学校・カレッジ情報。カナダ留学の学校選びに。

入学へのプロセスとその流れ

入学へのプロセス

日本と違い入学時期が北米では9月となります。とは言え9月以外の学期も入学受付可能な学校が多く、特に私立専門学校は毎月入学出来るケースも多くあります。また日本のような入学試験はなく「条件を満たしているかどうか」で入学が判断が下されます。その中でも大きいハードルは英語力の証明となります。

また学生ビザの申請も必要となりますから、申請にかかる時間も考えて余裕をもって準備を進めましょう。

まずは英語力を把握!

留学生がカナダの学校へ通う場合、英語力の条件が必ず設定されています。留学生にとっては、入学にあたりとにかく英語力が一番のハードルといって間違いありません。
また一般的にカナダの大学・カレッジの方が私立学校よりも高い英語力が必要とされています。

条件をクリアする方法は幾つか用意されています。

  1. 英語テスト(主にTOEFLやIELTS、私立専門ではTOEICが使える場合も)
  2. 学校が用意する英語テスト
  3. 提携・付属の語学コースからエスカレーター式で進学パスウェイ

まずはご自身の現在の英語力を確認し、入学条件と照らし合わせ、どの方法が最適なのか検討しましょう。

<想定外を予想する>
英語力が足りず進学前に英語クラスを受講する事になった場合は、進学時期が後ろへずれる事になります。語学力の伸びが伴わず予定よりも長く英語の勉強をする事になったり、進学先のプログラムが人気で申し込みが締め切られた場合、さらにスケジュールに遅れが生じてしまう状況が十分あります。

このような想定外の事態が起きないよう、余裕を持って早い段階に留学の専門家と相談される事をお勧めします。公立カレッジの進学は一年前かそれ以上、私立専門学校は半年前にご相談いただければ安心です。

出願に必要な書類

上記の英語力の証明の提出以外で一般的に出願の際に必要となる証明書は以下の通りです。大学によってはエッセイやポートフォリオの提出が必要な学校もありますので、希望するプログラムを提供する学校の入学条件を確認しましょう。

・入学願書
・英語力の証明
・高校等の卒業証明
・高校等の成績証明

私立専門学校への入学

私立専門学校は公立カレッジと比較すると、入学に必要な語学力と条件を満たしていればフレキシブルに入学時期を選べるのが特徴です。多い場合は毎月、または二ヶ月に一回受け入れているケースもあります。ただ学生が少ないプログラムは休講するケースもあるので、開講状況の確認も重要です。

事前に語学コースへ通う場合でも現時点の英語力から卒業までの受講期間を見積もることも出来ますから、進学のタイミングを想定して計画していきましょう。

入学条件を満たす書類が揃っていて、かつ支払いの準備も出来ていれば、ビザ申請の時間を考慮しても入学三ヶ月前からの手続きでもギリギリ入学できるケースがあります。すでにご希望の入学時期が決まっているのであれば、どの学校が現実的に入学可能かカウンセリングを通してお伝えする事も出来ます。気軽にお問い合わせください。

私立学校入学のプロセス

1) 事前確認(希望コースの入学日、入学条件、開講状況など)
2) 願書提出(必要書類の準備、願書作成など)
3) 授業料の支払い
4) 学生ビザの申請(通常1~4週間程度、時期により異なります)

カレッジへの入学

公立カレッジはプログラム開始が通常9月または1月と決まっており、またプログラム毎に留学生の受け入れ枠が通常は定まっています。

願書受付は通常1セメスター前から始まるのが一般的ですが、人気コースは一年前から受け付ける場合もあります。期間内でも定員に達したら受付を終了します。よって、公立カレッジへの入学は出来るだけ余裕をもち、可能なら一年前から具体的に検討する事をお勧めします。

なお公立カレッジは学校ごとに手続きの方法やルールが細かく異なるケースが多くあり、一般的には私立専門学校よりも手続きに時間を要します。

カレッジ入学のプロセス

1) 事前確認(希望コースの入学日、入学条件、開講状況、願書受付開始日など)
2) 願書提出(必要書類の準備、願書作成など)
3) 授業料の支払い(学校によって入学金と学費が分かれる場合があります)
4) 学生ビザの申請(通常1~4週間程度、時期により異なります)

私立専門学校と公立カレッジの違い


PAGETOP
Copyright © マイルストーンカナダ留学センター All Rights Reserved.