SGIC - カナダ語学学校・専門学校

SGIC

タイプ:語学学校  所在地:トロント、バンクーバー
SGICメイン写真

「楽しく真面目に」絶妙なバランス

SGIC (エスジーアイシー:St. George International College)

<主な特徴>

  • 幅広い選択肢から選べる専門コース
  • 低めの日本人率
  • 専門のカウンセラーがいるカレッジ準備コース


学校問い合わせ学校申し込み

学校の様子

特徴

SGICに通う学生この学校の特徴はESLレベルを卒業しても、カレッジ進学コースからテスト準備コース、スピーキングコース等幅広く選べる点。また、中規模校でありながら違うクラスの生徒同士一緒にランチを取る等、国籍の違うもの同士固まりすぎることなくアットホームな雰囲気が印象的だ。

アジア系は韓国人が少し多いが、反面日本人率は年間15%以下を推移しており、比較的少ない。また、ブラジル人の生徒など南米系も夏場は多くなる。またクラスのサイズは12名以下が平均となっている。

トロントとバンクーバーにキャンパスを構えるため、途中での転校等にも柔軟に対応してもらえる。また、ワーホリで渡航する人等、少し予定が読めない人に嬉しいのが事前に申告すれば1ヶ月などの長期で学校を休めるバケーション制度だ。

またユニークなものとして、毎月1度先生を生徒が評価する機会がある。数字の評価だけではなく、文章を自国語で書き込める欄もあるので、学校や先生に対して率直に意見を言える風通しの良い体制と言える。

場所/アクティビティ

SGIC外観場所・・・ SGICはトロントキャンパスはセント・パトリック駅とダウンタウンの中心部ダンダス駅のちょうど中間地点にあり、冬でも駅からほとんど外に出る事なく学校までたどり着ける。 トロントで一番大きいショッピングモールイートンセンターはダンダス駅に直結している。
バンクーバーキャンパスもダウンタウンで最も栄えるロブソンストリートに立地し、バンクーバー・シティ・センター駅より徒歩3分と抜群のアクセス。ダウンタウン中心地にあるPacific Centre Mallは同駅直結となる。

アクティビティ・・・ 専任のアクティビティコーディネーターがおり、夏はバーベキュー、冬はスノーボード等の様々なアクティビティが楽しめる。

バンクーバー校付近の様子。画像をドラッグして散策ができます。

プログラム

一般英語コース

SGIC英語プログラムレベル表
SGICの英語プログラムはレベルが7段階に分かれている。初日のレベル分けテストでクラスが振り分けられると8週間を一つの目標としてそのレベルを完了させて行く。
4週間に一度中間テストがあり、ハイスコアを取ると4週間でも進級可能。 また一般英語プログラムのレベル6を完了させると、専門プログラムを選択する事が出来る。


英語プログラムのスケジュール

 
9:00-10:10
初級:総合英語(文法だけでなく全て)
中級:英文法、英作文
上級:英作文(アカデミックな内容)
休憩  
10:20-11:30
初級:総合英語
中級:リスニング、スピーキング
上級:プレゼンテーション
休憩  
12:15-13:25
初級:サバイバルスピーキング
中級:ダイナミックカンバセーション
上級:ニュース、メディアスタディ
休憩  
13:35-14:45
初級:発音、リーディング等
中級:リーディング、ディスカッション
上級:ジャーナリズム、フィルムスタディ

放課後Help Centreとして課題や自主学習の疑問点に講師と1対1でサポートしてもらえるアクティビティが存在する。英語の勉強だけではなく、英文履歴書の添削や英語面接の練習等、使い方は様々となる。 また放課後にカナディアンの先生の指導のもと英語を話す機会を作る無料会話クラブも人気だ。

新しいアクティビティとしては、カナディアンの大学生を隔週金曜日に招き、Language Exchangeをする機会を設けている。先生から教えてもらうフォーマルな英語だけではなく、スラングやカジュアルな表現等生きた英語を学ぶチャンスとなる。

専門プログラム

UCPP(大学カレッジ準備プログラム)
SGICの専門プログラムで特におすすめなのは経験豊富な先生、専任のカウンセラーによってサポートが受けられる大学カレッジ準備プログラム(UCPP)だ。
カレッジ進学後に必要となるアカデミックな論文の書き方にのみならず、グループで行うプレゼンテーション等を学ぶ事が出来る。コースを完了するとトロントで有名なSenecaカレッジを英語の試験免除で進学できるほか、York大学のESLコースの一番上のクラスに編入可能等のメリットがある。

IELTS受験準備プログラム
またIELTSコースも見逃せない。通常IELTSのコースといえばライティングやリーディングを中心に教えるところが多いが、こちらのコースではリスニングの際、大文字で書き始めるかどうか、冠詞を省略出来るかどうか等の細かいテクニックまで丁寧に教えてくれる。またスピーキングでは一人一人本番さながらに模擬テストをし、個別のフィードバックをくれる。また先生自身が好スコアを取れるスピーキングの見本を見せてくれるのもとても参考になる。

またスピーキングの専門コースとなるSSPでは発音、イントネーションを基礎から見直す事が出来る。コンピューターに自分の声を録音し、どの音の発音が自分の弱点であるかを客観的に理解したり、ドラマを英文の台本と照らし合わせながら見て、イントネーションを先生の指示のもと書き込みながら出演者さながらに台詞をしゃべってみる等、飽きさせない仕組みが構築されている。

また、英語教育関連の仕事に興味のある人にはTESOL/TYCPという英語が母国語でない人に英語を教えるためのコースが最適。TESOLが成人生徒向け、TYCPが幼児生徒向けの内容となり、TYCPでは地元の幼稚園での実習もコースに含まれている。



学校データ

授業料(2017年度)

 
フルタイム
25時間/週
大学・カレッジ準備
UCPP
IELTS
受験 準備
4週間
$ 1,600
$1,900
$1,825
8週間
$ 3,200
$3,700
$3,600
12週間
$ 4,680
$5,375
---
16週間
$ 6,080
---
---
20週間
$ 7,600
---
---
24週間
$ 8,880
---
---
入学金
$150
教材費
$50/4週
$250
$100
(受験料:$300)

授業料、教材費などの詳細についてご希望の方は、具体的なお見積もりを無料でご用意しております。どうぞお気軽にこちらからご連絡ください。

基本情報

学校名 St George International College
住所 Toronto Campus
150 Dundas St. West Suite 200 Toronto, ON
Vancouver Campus

605 Robson St. Suite 200 Vancouver, BC
電話番号 Toronto Campus
1+416-929-4050
Vancouver Campus
1+604-605-0220
生徒数 夏期 約200名 冬期 約100名
日本人率 約15%前後

学校問い合わせ学校申し込み

SGICでの留学生活写真集

SGIC日本語お問い合わせフォーム

このページでわからなかった事、学校の評判やお見積もりなど、ささいな事でも気軽にお尋ね下さい。(日本語でお問合せいただけます)
日本人担当者より追ってお返事させていただきます。
お名前*
メールアドレス*
確認用メールアドレス*
希望の渡航先 バンクーバー  トロント  モントリオール  その他 (都市名) 未定・わからない
ビザの種類 学生  ワーキングホリデー  観光  就労  未定・わからない
お住まいの都道府県
電話番号
学校の感想や質問など*
*は必須項目です。